自分の力で予想をするための正統派競馬サイト TXP競馬

3Fタイムから若駒のポテンシャルを読む

競馬 トリップ・ハンディキャッピング ポテンシャル

 

2歳新馬戦がスタートしてから1年間(つまり1年中)、デビューしてから3戦以内のレース結果から得られる3ハロンタイムから判断して、その馬のポテンシャルを決め付けています。

 

上がり3ハロンが34.0秒以内の1着馬

 

上がり3ハロンが34.0秒以内の1着馬から0.1秒差以内で、

かつ自らが上がり34.0秒以内の馬

 

自らのテン3ハロンが34.0秒以内で逃げ切った馬

 

2歳、3歳限定戦では、スローペースの瞬発力勝負になるレースが多くなります。僕は、このような結果を導き出しているのは、調教師の騎乗指示によるものが大きいと考えています。最後の3ハロン、直線でレースが決まる以上、調教馬の絶対スピード、ポテンシャルを計っておく必要があるからです。

 

将来的に一流馬と言われるような馬は、この上がり3ハロンタイムの基準をクリアしてくる馬がほとんどです。

 

短距離レースの場合は、スタートしてからトップスピードに乗るのが早い絶対的なスピード能力がある馬が多くいます。しかし、これを持続させ押し切るとなると難しく、逃げ切るのは至難の業です。一介の逃げ馬になってしまう馬も多いのですが、逃げ切るというパフォーマンスを示している時点で、相当に高いポテンシャルであることを理解しておくべきです。