自分の力で予想をするための正統派競馬サイト TXP競馬

トラックバイアス(馬場傾向)とは

競馬 トリップ・ハンディキャッピング トラックバイアス

 

馬場状態の差異のことをトラックバイアスと言います。トラックバイアスは、人為的なものを除けば、競馬の開催日程が進行したり、天候の影響を受けたりして発生します。

 

同じコースで競馬が続く場合、開催日程が進むほど馬が走って踏む部分が荒れくるので、相対的に荒れていない部分を走る馬のほうに馬場状態が味方してパフォーマンスを発揮しやすくなります。

 

開催日程については、開幕週、開催前半、開催中盤、開催後半、仮柵移動後。天候については、開催中に雨天、週半ばの雨天に分けて、開催期間中コースが、A→B→C→Dのように変更していくことを前提に、バイアスがどのように変化し、どのような馬場傾向を示すのか、ここから一般的パターンとして書いていきます。

開幕週の馬場傾向

開幕週では、馬が走っていない真っ新な馬場状態から競馬がスタートします。馬場状態がフラットであれば、物理的に距離ロスが発生しないコーナーの内側を走る馬が断然有利になります。

 

ただし、人為的に内側の芝が柔らかくされている場合はその限りではなくなりますので、実際に競馬を見てから判断する必要があります。

開催前半の馬場傾向

開催前半は、開幕週も含めてトラックバイアスの無い馬場状態が続きます。よって、コーナーで内側を走る馬が有利な状態も続きます。

 

また、開幕週で内側の芝が柔らかい馬場だった場合、レースが行われる度に適度に芝が締まってトラックバイアスが消滅し、内有利に変化する場合があります。

開催半ばの馬場傾向

開催が進行していくと、馬に多く踏まれる芝コース内側が次第に荒れてきて、内外の馬場状態に差異(トラックバイアス)が生じてきます。コーナーで内側を走る馬は、距離ロスが発生しない代わりに、荒れた場所を通る分のスタミナを消費します。

 

一方、コーナーで外側を走る馬は、距離ロスは発生しますが、芝の状態の良い場所を通れるのでスタミナ消費が少なくなります。

 

開催半ばでは、内の荒れ方次第で、開催前半の状態が継続される場合もあれば、有利不利の無い馬場状態になったりもします。

開催後半の馬場傾向

開催が後半になってくると、コース内側はほとんど荒れてきます。内と外にトラックバイアスが発生し、コーナーで内側を走る馬と外側を走る馬に有利不利が無くなります。

 

ただし、内側がかなり荒れていれば、内を走る馬のスタミナ消費が、外を走る馬の距離ロスを大幅に上回り、コーナーで外側を走る馬が有利なるトラックバイアスが発生します。

仮柵移動後の馬場傾向

開催の進行とともにコース変更が行われる競馬場が大半です。開幕週がAコースで始まり、B、Cと仮柵移動によって最内だった場所が徐々に外側に移動していきます。荒れてきた最内が外側に移動しても、新しく出来た最内はそれなりに馬が走っていたこともあり、開幕週とは異なり、内側が真っ新とはいきません。それでも、トラックバイアスは少なくなり、内有利の馬場状態に戻ることも多く見られます。

開催期間中が雨天の場合

開催期間中に雨が降った場合、荒れてきた馬場を更に雨が荒れやすくさせ、そこを馬に多く踏まれると馬場状態の悪化は加速します。コーナーでは、馬場の傷んでいない外側を走る馬が有利になります。

開催期間外(週半ば)が雨天の場合

週半ばの雨天の場合は、当然コースを馬が走らないので、降雨によって地盤が均され発生したトラックバイアスがリセットされます。開幕週とまでは行きませんが、内有利に戻っていることもあります。

 

ただし、競馬開催日までに馬場が乾かなかった場合には、午前中のレースで内有利、午後は有利不利が目立たなくなるといったように、一日の中でトラックバイアスが変化して、傾向が掴み難くなります。